2018年2月23日金曜日

期待の新人 早出しわかめ

  何を指してそう言うのかが良く分からないのですが、「早く出すのは嫌われる」だとか「早く出しちゃダメ」と、誰かが言っていたような。あれ、もしかして、言われたことだったかな。まあ、いずれにしても、平社員のくせに係長よりも早く企画書を出すなんてことは、たしかに嫌われるかも知れませんね。
  けれどもですね、早く出して喜ばれることがあるんですね。そのひとつが「早出しわかめ」。去年の春から、お目見えした新人のわかめちゃんであります。
これが早出しわかめ
 
早出しわかめ全景
これまで秋田のワカメといえば、種づくりが早くても9月であったため、店頭に並ぶのも3月に入る頃からだったんですね。であるに対して、この新人わかめちゃんは、2月からお店に並んでくれるんですね。
 なぜかと言えば、今までよりも種づくりが8月と1か月ほど早いのです。そして海に種を出して育て始める時期も早いわけです。つまり、海に種を出す時期が「早い」ので、すなわち「早出し」の呼び名があるんですね。
 つまるところ、いままでは3月まで待たねばならなかった秋田のワカメが2月から食べられるんですね。なので今年も店頭に並ぶや否や、おじさんはさっそく買い求めに走りました。
名付けて「磯野家しゃぶしゃぶ」
シャブシャブするときは、鍋のなかの波は平らに、舟が沈まないように

 
秋田のワカメは葉が薄いので「しゃぶしゃぶ」にバッチリ
そして「しゃぶしゃぶ」にします。ワカメだけでは寂しいので、
旬のマダラも具に加えます。昨夏に冷凍していたボイルサザエの薄切りを加えるのは、やや強引でしょうか。これを、本来ならば「升」を器にしていただくのです。いよいよ強引ですかな。お気付きですよね。すなわち、これ、名付けて「磯野家しゃぶしゃぶ」。まあ「早出しわかめ」に限らず楽しめるのですが。それに、えっ?磯野家を名乗るには彼が足りないって?
 いえいえ、しゃぶしゃぶの漬けタレにするポン酢の原材料は、しょう油、柚子果汁、かつおだし。ほらほら彼もちゃんと入ってる。