2017年12月31日日曜日

快挙!?2大会連続!ハタハタ寿司グランプリ出場決定!

 ハタハタ寿司グランプリ!2大会連続での出場が決定しました。それはそれは長く辛い道のりでした。人知れず流した泪がありました。決して平らな道ではありませんでした。地区予選、県大会、ブロック大会を経て日本代表に選ばれ、アジア予選を勝ち抜いた末の2大会連続出場!の快挙です!
第2回グランプリ 審査会場
 というのは冗談。どこが冗談かと言えば、予選なんかはありません。もちろん内申書だとか面接なんてのもありません。必要なのはエントリー手数料500円だけです。あっ!それと「ハタハタ寿司」1キロ。これが無ければ始まらない。そして、決して平らな道でなかったのも事実であります。 
 さて、このグランプリ。今回で3回目。
 正しくは「ありそうでなかったハタハタ寿司グランプリ」。男鹿市在住の工藤さんという方が2年前から始められたんです。
野菜少なめタイプ
ごはん・麹少なめタイプ
野菜どっさりタイプ
 秋田のハタハタ寿司は、文献上では少なくとも400年以上の歴史があるとされます。なので、江戸時代にグランプリが無かったかと問い詰められると返答に窮してしまうかも知れませんが、少なくとも、秋田県内全域からライバルが集まってのグランプリは、確実にハタハタ寿司史上初と言えましょう。実際に初代グランプリは男鹿市の方でしたが、なんと2代目は、海の無い内陸からの参加者なのでした。
 わたくしめはと言えば、2年前の記念すべき1回目は仕事の都合で参加できず。そして、昨年2回目大会への出場を果たしたものの、濃い酢に漬け過ぎたおかげで、ハタハタは箸で持ち上げようとするとボロリと落ちていく。したがってグランプリ自体でも、文字通り、箸にも棒にもかからずの成績でした。
 果たして、第3回目の成績はいかに!?
 「初めて自分を自分でほめてあげたい」となるか「コケちゃいました」か・・・
 第3回グランプリは、成人の日であるところの平成30年1月8日(月)、男鹿市文化会館にて。審査は申し込み不要です!