2013年11月30日土曜日

サケを一匹手に入れたら

 冬も近づく11月のとある日。目の前に横たわるのは全長60センチほどのメス鮭だ。当然のことながら、いつものアジなんかと比べるとはるかにデカい。



彼女です。サケなのにマグロ状態とは、これいかに?
 そんな彼女と向き合い、人一倍つぶらな黒い瞳を見つめることしばらく。このまま黙っていても、彼女はきっと身動き一つしないだろうし、好きにしてとも言わないはずだ。こんな状態の女性を指して我々人間の間では、マグロとも呼ぶらしいが、何ゆえマグロかの考察はまた後にしよう。とはいえ、ナイスバディーであることは確かだし、さてさて彼女をどうやって頂こうか。あんなことやこんなことやと妄想だけは逞しく膨らむのであるが、実際、目の前にすると、どこから手を付けようか迷ってしまう。
 ええい!ままよ!まずは彼女が身に付けている邪魔な衣服、あっ違った。鱗から丁寧に脱がして、あっ違った、包丁で丁寧にはずしてあげましょう。しばらくバリバリしたところで彼女は一糸まとわぬ、あっ違った、一鱗まとわぬ姿をあらわにする。
 さて、次はどうしましょう。いきなりで彼女も驚いているようだけれども、足の付け根の辺りに指を這わせてお尻を探し出します。そしてお尻から包丁を喉元へと、すると鮮やかな紅色のでっぷりとした筋子が顔を出します。
優しく丁寧に。けして爪など立てないように。
新聞紙さえあれば、
家庭の台所でも捌くことができます。
 さっそく筋子は100円ショップで購入したところの焼き網にのせ、優しく優しく、丁寧に丁寧に、撫でるように、ほぐしていきます。最初のうちは抵抗していた彼女も、しばらくすると観念したのか、筋張った筋子はポロポロとイクラに姿を変えて、焼き網の下のボールへこぼれ落ちてきました。これを薄い塩水で数回洗ってから、醤油と酒同量に漬け込むこと一晩。イクラ醤油漬けの完成です。

まだ、お互い緊張してます
こんな風になれば、心まで通い合った証拠
 あとは彼女のチャームポイントのおでこから鼻先も愛してみようかと思い、氷頭なますも作ってみました。三枚におろしたサーモンピンクの柔らかな身は、ムニエル、フライ、マリネなんかでも愛して、あっ違った、味わってみました。それに、彼女の骨まで愛してたい。ので、中骨と頭は三平汁に。
いくらでも食べてしまうイクラ軍艦
イクラ丼&三平汁セット、氷頭なます付き
ムニエルにも
フライでも
マリネに
パスタにも
 あぁ!どんな料理法で頂いても彼女は凄かったですねぇ。舌にねっとりと濃厚に絡みつくイクラ。官能的な噛み応えの氷頭。三平汁には彼女の甘みが滲み出てきてます。ムニエルなんかでは、彼女のしっとりと張りのある甘い身体をじっくりと堪能してしまいました。
 醤油漬け焼きでも頂いたのですが、目を離したすきに彼女は黒こげになってしまいました。
 あぁ。なサケない。。。