2013年2月17日日曜日

ギバサ王国 秋田



 FAO(国連食糧農業機関)の世界海藻統計によれば、ギバサ(アカモク)の消費量世界一は秋田県で、県民一人当りで年間800gは食べるという。というのはまったくの嘘八百であるが、実際に統計を取ってみれば、県民一人当たり年間消費量は秋田県がトップになるはずだ。というのも、秋田県内のスーパーには、パック詰めのギバサが一年中途切れることなく並んでいるし、季節にもよるがギバサ入りのつけ麺も登場する。コンビニの棚にもギバサがのっかった麺が並び、料理屋では丼物にギバサがのっかり、ドライブインでもうどんとコラボしている。乾麺だってあるし、干しもちもある。寿司屋にいけば軍艦にのっかり回転している(参考)。以前はギバサ茶さえあったのだ。その気になれば、毎日24時間ギバサにまみれて生きていくことができる。まさに秋田はギバサ王国なのである。特に今の時期、1月~2月には生ギバサが店頭に並ぶ。ところが、この生ギバサに関して云えば、実はすべて県外産なのである。




石川県、新潟県産が多い「生ギバサ」
 今でこそ、季節を問わず野菜が手に入る時代であるが、その昔、寒さ厳しく、深い雪そして鉛色の雲で覆われる秋田では、野菜の代用として生ギバサを県外から仕入れて食べていた。これに遅れること、秋田産のギバサは5月中旬から6月初旬に成長して旬を迎えるが、この時期、秋田県民の目は、野山で芽を出す山菜に向いていくのだ。せっかく地元でも獲れるのにもったいない話のようでもあるが、この生ギバサはパック詰めの原料になり一年中楽しませてくれる。
 つまり、その自給率は100%ではないけれども、ギバサ王国は雪国秋田だからこそ立国し得たのである。ところで、ギバサ食文化が無い地では、魚網に絡まったり、船の行く手を阻んだりするので、ギバサ(アカモク)のことを「邪魔もく(もく=アカモクなどホンダワラ類の別称)」とも呼ぶ。その「邪魔もく」を何に使うのかを問い質された秋田県人は、食糧にするとは恥かしくて云えず「馬の餌にする」と返答したとの逸話もあるそうだ。だからウマクサとも呼ばれるそうだ。


コンビニのぶっかけ中華

大人になったギバサが粘る
 さて、ギバサといえば、あの強烈なネバネバヌルヌルが特徴なのであるが、これは食物繊維の一種でフコイダンと呼ばれ、血圧やコレステロール低下作用など様々な効果があると云われている。最近、秋田県以外でもギバサが健康食品として注目されている理由がそこにある。さらにバサなどホンダワラの仲間には、日焼けのもとであるメラニンの合成を抑制する、つまり、美白効果があると云われているのだ。そう、秋田美人はギバサ王国が生み出すのだ。そんな、また嘘ついてとお疑いの皆さんもいるだろうが、証拠をお見せしよう。加藤夏希に佐々木希、それに藤あや子、さぁどうだ。この三人を並べられたら、どんなに疑い深い人でも頷かざるを得ず、ギバサ=秋田美人の関係に同意するしかないであろう。ちなみに我が妻は生粋の秋田県人であるけれどもギバサは嫌いなようだ。
秋田美人はギバサがつくる?
 それとフコイダンは、水温が上がりギバサが成熟してくると大量に作られることが分かっていて、その時期が秋田では5月中旬から6月初旬にあたる。つまり、あのネバネバでヌルヌルの粘液が出てくるということは、ギバサが子孫を残すことの出来る体になった証なのである。子孫を残そうとするような時に粘液が関係しているのはギバサも人間も一緒のようだ。
 だからギバサを食べ過ぎるとムラムラするという説もある。その証拠に壇蜜は三食欠かさずギバサを食べているという(ウソです)。

本日のレシピ

ギバサかけご飯

①生のギバサ(200gもあれば、ご飯10杯はいける)
②熱湯
③酢醤油(あるいはポン酢)におろし生姜など

(1) ①を水道水で洗い、雑物を落とす。
(2) ①をザルにあけて、②で湯通しする。
(3) お湯を切った(2)を、ひたすら刻む。
(4) 冷えたところで、③を混ぜ込み、ご飯にかけていただく。