2012年9月12日水曜日

連子鯛めし初体験記

秋田県の海べりの南端に象潟(きさかた)という街がある。標高2,236mの霊峰鳥海山の麓に広がる街で、松尾芭蕉の奥の細道、最北の地としても知られている。そして、海岸線に沿って走る国道7号線脇に道の駅象潟「ねむの丘」http://nemunooka.jp/がある。そして、ここの駐車場には、日本海を背にして10軒ほどの野菜の直売所や飲食店が並び、そのなかには2軒の鮮魚店もある。どちらも四季折々の地魚を楽しませてくれる。特に、7~8月のイワガキ漁のシーズン。どちらの店頭にも地元の象潟や金浦漁港に水揚げされた殻付イワガキが並び、注文に応じて、殻をむいた生イワガキや、殻付の焼きイワガキを提供してくれるが、これが盛況である。開店から閉店まで客の途切れることが無い。ところで生イワガキと焼きイワガキ、どちらも旨いが、個人的には、炭火の上に置かれ、殻の中に残る海水で蒸し焼きとなった焼きイワガキが好きだ。生の海水と身から染み出した肉汁とが絡み合い、そして濃縮された重厚な旨みがある。
おっと、今回は鯛めしの話だ。イワガキはまた別に譲ることとしよう。

さて、9月某日。その「ねむの丘」に立ち寄る機会があった。といっても駅施設の本体ではなく、駐車場に並ぶ件の鮮魚店である。機会あるごとに、ここでは必ず品揃えを確かめているのだが、どちれの店もそれぞれ色とりどりの多様な地魚が並んでいて飽きることが無い。今回も期待を裏切らない。基本的には秋田の南部地方沿岸の港に水揚げされた魚が並ぶ訳であるが、常に必ず、それぞれ独自の魚種が並んでいる。だからこそ楽しい。けれども、その場合、どちらも買いたくなってしまい、結果、気がつけば、予算を超えてしまうのが常である。それが、今回は、「きはつく(ミシマオコゼ)」と「連子鯛(キダイ)」であった。それぞれがそれぞれの店頭に並んでいる。つかの間悩むが、結局どちらも購入してしまう。店のお兄さんは「連子鯛は塩焼きが美味いよ」と言うが、せっかくなので、一段階背伸びして、鯛めしに挑戦してみることに決定する。それに実は、塩焼きは以前に食べたことがある。
さて、これまで「鯛めし」と聞けば、何だか生臭そうな印象が拭えなかった。寿司は別にして、白米に魚をのせるのには、どうも抵抗があるのである。恥ずかしながら、経験したことも無いのに、そのような思い込みが強かった。
 しかしである、店先に並ぶ連子鯛の光輝く姿形の美しさには、その思い込みを乗り越えさせる力があった。黒くつぶらな瞳が、私を食べてと訴えてくるのだ。良し、分かった。そこまで言うなら、食べてやらねばならない。しかし、何でもそうだが、初体験は少し怖い。しかし、何でもそうだが、その先にはきっと目くるめく快感があるはずだ。


さて、まな板の上におとなしく横たわっている彼女をじっくりと見回す。身長25cm、B22:W18:H16といったところか。足首だけはキュッと締まる。お互いの緊張を解きほぐすために「よろしくね」と声をかけてみる。返事が無いのはOKの証。片手を彼女の肩に置き、まな板に押さえつけてみる。果たして、嫌がる様子は無い。はやる心を抑えながら、一枚一枚、鱗を脱がせていく。ここで先を急ぐと、後で鱗が口のなかにへばり付いて嫌なことになるので慌ててはいけない。特にアゴの辺りは念入りに。そして、とうとう彼女は一糸まとわぬ姿となったが、期待は大きく外れる。多くの場合、そうであるように(伝え聞くところによれば)、私、脱いでも凄いんです。とはいかないようだ。しかし、男子たるもの一度出したなら、その手は引っ込めてはならない。彼女が腐ってしまう(本当に)。

B22:W18:H16
えい、ままよと、次の段階へと進む。エラとワタを外し、きれいに水で洗い流し、水気をふき取り、そして、軽く塩を当てる。10分ほど置いて、出てきた汗を軽くふきとったら、グリルに入れて、表裏をこんがりと焼き上げる。さて、ここからは、本当に未体験ゾーンであるので、How-to本(スイカさんのレシピ:http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1760003703/ )に従うこととする。米三合と規定量の水に酒と醤油を大さじ1を加え、焼き上げた連子鯛をのっけて、普通に炊き上げるだけ。極めて簡単。ただ、当然のことではあるが、身長25cmが入るくらいの大きな釜が必要で、冬にハタハタの飯寿司をつくるためにしまっておいた5合炊きの釜を、がさごそと物置きから持ち出してくる。


 炊飯器に入れる前の塩焼き状態で十分に美味そうな香りがしてきて、そのままで食べたい欲求が起こるが、まだまだ我慢である。あわてない。あわてない。
 炊スイッチを押して、炊き上がるまで静かに過ごして待つ。しかし、そのうちに、膨らんだ米とジャーの上ブタの間で潰れていないかだとか、分量を間違えてグシャグシャになっていないかだとか、気になって気になって、フタを開けて確認したくなるが、じっと我慢する。しばらくすると、ジャーの頭からシュルシュルとかすかに甘く香ばしい湯気が噴出してくる。これは期待できそうだ。


果たして、少しだけ米に埋もれ、しっぽりとした姿で、彼女は現れた。少し前に期待外れだなどと考えた自分を深く恥じ入る。そして心の中で彼女に謝る。さっそく、ヒレや骨を外し、ほぐした身をご飯とを混ぜ合わせて、いただくくことにしよう。


ベースはたしかに魚の味であるが、大さじ一杯ずつの醤油と酒が丁度良く、子供のころに食べた山栗のようなほっこりとした甘さと旨さである。時々、現れる大きめの身肉も歯ごたえが良い。小ネギを散らしてみるが、連子鯛の実力に前には不要であった。かえって味を損なってしまう。恐れていた生臭みなどは一切感じることがない。柚子胡椒もとてもいい薬味である。参考にしたレシピでは柚子胡椒も合わせ混ぜるとあるが、後足しの方が良い。一口一口、柚子胡椒の量を変えて、連子鯛とのバランスを楽しむことが出来る。取り分けておいた骨にもむしゃぶりつく。まさに骨まで愛してしまったのである。目くるめく快感に理性を忘れ、初体験だというのに3回もおかわりをしてしまう官能の一夜であった。
さて翌朝。昨夜の出来事を忘れることが出来ない。また味わってみたい欲求がむくむくと頭をもたげてきて仕方が無い。それじゃあ、今度は鯛茶にしてみようと思い立つ。濃いめの煎茶のすっきりとした渋味が、連子鯛の旨みを引き立たせているようだ。少量のワサビも合う。朝から2回もおかわりをしてしまった
ところで、よく調べてみると、連子鯛は初夏と秋の年2回成熟するそうだ。それに性転換するらしい。もしかすると、“彼女”は“彼”だったかも知れない。