2012年2月19日日曜日

掛魚まつり(その1)

例年、秋田の年明けはマダラ漁で始まる。しかし、今年2012年は時化が多く出漁できた日が1月では数日しか無かったようだ。この時期、秋田のマダラは成熟を迎え、雄は特に大きく発達したダダミと呼ばれる精巣を抱えて価格も高い。雌の卵巣は、真たら子とか真子(まこ)と呼ばれ、あらかじめ千切りして炒めたゴボウやコンニャクなどに真子を加え醤油、砂糖、酒で味付けして炒り煮にしたものは、子供の頃に良く食べさせられた記憶に残る懐かしの味である。
海さえ凪れば一稼ぎできるのに、いつとも知れぬ時化の収まりを待つしかない漁師達の気持ちは何ばかりか。さて、秋田県の沿岸、山形県に近いにかほ市金浦(このうら)地域では、毎年立春2月4日に「掛魚(かけよ)まつり」が行われる。別名「たらまつり」とも呼ばれて、徳川家五代将軍綱吉、松尾芭蕉が暮らした元禄年間(1688~1704)から始まる300年の伝統をもつと言われる。氏神様や恵比寿様に供える魚のことを掛魚(かけよ)と呼び、祭りでは海上安全や豊漁、商売繁盛を願い、体長約1m、体重15キロ前後の大ダラが、2人1組の漁師らに竹ざおで担がれて、金浦山(このうらやま)神社に奉納される。例年にない時化続きで、地元産のタラは準備できずに、北海道から取り寄せたとのこと。かつては、タラ漁師各々が一番大きなタラが選ばれて奉納されていたと言う。







大人に続いて、子供たちもタラを担いで参道を登る。参道を登りきった社のそばにタラは吊るされ奉納となる。吊るされたタラの周りを子供たちや多くのカメラマンが取り囲み、神楽の奉納もあり、境内は大賑わいになる。それでも小一時間もすると、境内は人影もまばらとなるが、拝殿のなかでは、厳かに神事が続けられていた。